ホーム 設立の趣旨 会社概要 業務歴 設計監理 ニュース(現在位置) 余興

※ 現在建設中の、ブルジュ・ドバイ(地上162階建、尖塔高:818m・軒高:643.3m)が、ビルディング・タワーとも、最も高い建造物となる予定(2008. 6. 7現在)。

毎日新聞 2006. 4.27

西日本新聞 2003年3月? 
(上の記事をテキストで読む ↓)
最高層ビル工事を再開
日本企業が建設 ・上海492b予定
【上海13日共同】森ビルは13日、中国の上海市で 1997年に起工したものの、アジア金融危機で建設を中断していた世界最高層ビル「上海ワールド・ ファイナンシャル・センター(上海環球金融中心)」の工事を再開すると発表した。森ビルによると高さは当初設計より32b増の492b。台北で508bの超高層ビルを建築中だが、アンテナなども含む高さで、建物自体の高さは上海のビルが世界一になるという。オフィス、ホテル、商業施設などが入る複合ビルで、101階建て。延べ床面積は37万7千3百平方b。2007年の完成を目指す。 米中枢同時テロを教訓にビルの構造を強化、 避難フロアや自家発電による避難用エレベーターなどを 設置し、安全性の確保に配慮したという。 総工事費は約千億円で、日本の銀行や商社など34社による投資会社が出資。 今後は新たな資本参加も受けて国際事業にする計画。 森ビル社長は「上海にはあらゆる外資が進出し、経済は活発で、オフィス需要が見込まれ、工事再開の機は熟した」と 述べた。現在世界で最も高いビルはマレーシアのペトロナス・ ツインタワー(452b)。


− 荒牧 千e Aramaki Kazuhide −
余興トップへ ホームへ
http://www.toakes.co.jp/ http://www.qucc.com/ http://www.hohoeminokikoushi.com/ http://www.i-froufrou.com/
WWW を検索   トークス設計事務所を検索