美女は、7/7/2017 からお休みです。
ホーム 設立の趣旨 会社概要 業務歴 設計監理 ニュース 余興
鉄道 寄席演芸 ジャズ 西部劇 ミステリ ビジネス アラカルト(現在地)
西日本新聞 2015 5.31

photo by 椎名諒

黒澤明がモノクロの「椿三十郎」で、ハイライトの赤い椿をそれだけカラーにできないかと・・・、当時の技術では無理とわかって赤を強調するため、赤い椿の花弁を黒く塗り、モノクロ中で赤の現実感を出したという話を聞いた。
この拘りは、同じモノクロであるのちの「天国と地獄」で、誘拐犯が焼却炉で燃やした、特殊加工された現金受け渡し用鞄から発した黄色い煙により、象徴的ワンシーンとなって実現された。
上のショットはまさにそれと同じように、モノクロの中の一条のカラーである。
ビュッフェの絵と見紛うばかり。
西日本新聞 2005.*.*


これまた、写真というより
絵画としか見えない。

西日本新聞 2005. 6. 7(夕)
西日本新聞 2006. 4.18  これはビュッフェ・ライクという訳ではないが。
毎日新聞 2006.11.25(夕)近頃の新聞掲載写真は、絵(版画)的なタッチが多い。下の2枚もまさにその趣。
西日本新聞 2006.11.26

下の屏風絵と変わらないタッチで、俄かに写真とは信じ難い、の感想は私だけ?
京都画壇展より
− 荒牧 千e Aramaki Kazuhide −
余興トップへ ホームへ
http://www.toakes.co.jp/ http://www.qucc.com/ http://www.hohoeminokikoushi.com/ http://www.i-froufrou.com/
WWW を検索   トークス設計事務所を検索