ホーム 設立の趣旨 会社概要 業務歴 設計監理 ニュース 余興
鉄道 寄席演芸 ジャズ 西部劇 ミステリ ビジネス(現在地) アラカルト
西日本新聞 2005.12.17


上の記事を書いた者はどうかしているし、上の記事を読んで奇異に思わない者もどうかしている。
と聞いてもどこがどうしてるのか分らないって? だってこれ新聞記事だよ、WEBの与太交じりのスクリプトじゃないんだよ。
どうしても分らないようだったら他紙の記事・下を読んでみてくれ。
毎日新聞 2005.12.17
どう、少しは分った?
もちろん記述内容の多い・少ないはあるよ。でも、
有印公文書偽造を疑われた者が、犯意なし=無罪を言い渡されたという事実のみを、いきなり読まされてすんなり新聞を置ける?
こんな記事なら(簡単に理由も書けないほど紙面が逼迫しているのなら)載せないほうが余程ましだ。
またこれらの記事に関係はないが、取材を受けた被告人等の言として、「訴状を見てないのでコメントできない」の常套句が紙面に載るが、こんな実のない回答をそのまま記載されても何の意味もない。 訴状を見てからのコメントにこそ興味があるのに、後日なりにその部分を載せているのも見たことがない。

− 荒牧 千e Aramaki Kazuhide −
余興トップへ ホームへ
http://www.toakes.co.jp/ http://www.qucc.com/ http://www.hohoeminokikoushi.com/ http://www.i-froufrou.com/
WWW を検索   トークス設計事務所を検索