美女は、7/7/2017 からお休みです。
ホーム 設立の趣旨 会社概要 業務歴 設計監理 ニュース 余興
鉄道 寄席演芸 ジャズ 西部劇(現在地) ミステリ ビジネス アラカルト
上は、もうずいぶん前の週刊誌 (時期も誌名も忘れてしまったが)に掲載された「シェーン」に関する記事。
映画「シェーン」には冒頭、畑を荒らす鹿が登場するが、この鹿のアップになった際、 遥か後ろを観光バスが砂塵を巻き上げて走る様がカメラに収められたにも拘わらず、撮り直しなくそのままの絵が使われたのは、 このときの鹿の表情があまりにもスティーブンスの気に入るところとなり、このカットを捨てるに忍びなかったのだろう、 といったキャプションと共に、やはり週刊誌に掲載されていた写真もスクラップしていたのだが、整理が悪く、現在見つけだせないでいる。

↑上の記事をテキストで読む↓

  「シェーン」といえば、 壮絶な決闘場面とともに、 ラストシーンでジョーイ少年が叫ぶ「シェーン、カムバック!!」でおなじみの西部劇の最高傑作だが、最近、映画評論家の白井佳夫氏が、ユニークな新解釈を打ち出している。
 「実は、シェーンは決闘で相手に撃たれて重傷を負い、ラストシーンでシェーンが死ぬことを暗示している」というのである。
 この説自体は白井氏の独創ではなく、以前から映画ファンの間でささやかれており、白井氏も友人の脚本家、倉本聡氏から聞いた。
驚いて、58年夏、「シェーン」のビデをが発売されたのを機に、改めて場面をストップしたり、スローモーションで検討した結果、 映画では見逃していた事実がわかった。
 問題の決闘場面とは、シェーンが酒場でジャック・
パランス扮する殺し屋と、 牧畜業者のライカー兄弟の兄を続けざまに倒した後のシーン。
 映画では、 背後の二階に隠れていたライカー弟を、振り向きざま一瞬早く撃ち殺すように見えるが、ビデオを止めると意外な結果が分かる。
 写真左を見て欲しい。シェーンの頭上の白い雲は、ライカーのライフルの硝煙だ。シェーンはまだ銃を抜く途中で、 ライカーの方が一瞬早い。二人の距離は5、6b。ライフルの弾がはずれることは考えられず、この瞬間に撃たれたと思って間違いなさそうだ。
 写真右は、その次のカット、シェーンが頭上の敵を撃つ場面だが、ここで本誌は白井氏も指摘していない新事実に気付いた。 シェーンの銃口の硝煙の方向を見ると、右側に撃っている。つまり、頭上のライカーには当たっていないのである。
  ま、これはご愛敬で済ませられるシー ンであり、 ともかく白井氏は、「この決闘でシェーンが左肩の、それも心臓に近い部分を撃たれたのは確かです。 というのは、この後でジョーイ少年が『血が出てる。 けがをしたんだね』という場面が出て来るんです」という。もっとも、血そのものは画面に出てこないし、シェーンも「大丈夫だ」というように左手で少年の頭をなでて見せたりする。 だが、「ラストシーンを子細に見ると、シェーンの左手がだらりと下がり、深手を負った様子がよくわかる。 おまけにシェーンが向かって行く先は、画面を止めてみると、十字架の並んだ墓地なんです」
 白井氏は、「シェーン」は、もう荒くれ牧畜業者やシェーンを含めたガンマンの時代は終わった、 彼らは死に行く者として描かれた映画だ、と解説しているのである。

− 荒牧 千e Aramaki Kazuhide −
余興トップへ ホームへ
http://www.toakes.co.jp/ http://www.qucc.com/ http://www.hohoeminokikoushi.com/ http://www.i-froufrou.com/
WWW を検索   トークス設計事務所を検索